質屋と仲良くなる方法

質屋と仲良くなって、有益な情報を入手したい場合、どのようにすれば良いでしょうか。

その仲良くなるための方法とは、馴染みの客になるということです。

馴染みの客とは、単に品物を沢山質入れしている客ではありません。

それでは単なる客と業者のやりとりで終わってしまいます。

ここで大切なことは、コミュニケーションです。

ある程度質入れすることは大切ですが、そんなに沢山質入れする品物があるとは限りません。

それよりも、査定の際に可能な限り質問をして、話をすることが大切です。

できれば、ある程度個人的なことまで話ができれば理想ですが、まずは査定の話をすれば良いでしょう。

そして、用事がなくても質屋に足を運ぶことも大切です。

質流れの品物を見に来た、とでも言えば理由になるでしょう。

質屋は怖い場所ではありませんので、店員さんに話しかければ、忙しくない限りは返答を返してくれます。

要は、いかにこちらから話しかけ、コミュニケーションを取るかということです。

コミュニケーションが進めば、有益な情報を教えてくれることも増えるはずです(査定が甘くなることはないでしょうが)。

ちなみに、この方法は、個人経営の質屋で特に有効です。

チェーンの業者・店舗では、店員がシフトで入れ替わるので、馴染みになるのは難しいと思われます。

質屋と日常

質屋は怖いか

質屋でお金調達

質屋と仲良くなる

運営者情報はこちら

プライバシーポリシーはこちら

城南質屋協同組合

カテゴリー: 質屋と仲良くなる パーマリンク